京都農業体験農園・園主会とは

 一般に市民農園は「貸農園方式」と「体験農園(農園利用方式)」に分けられます。
 私たち体験農園・園主会は、入園者に農地の貸付を行わない「体験農園(農園利用方式)」の園主が自主的に集い設立したもので、その主旨に基づき各種活動をしていくこととしています。

 

主な活動内容

 農業体験農園の普及を通じ、農業の担い手の育成、及び社会の共有財産としての農地を後世まで伝えるための活動を行います。

  • 園主の経営管理能力向上を図るため、セミナーや研究会を開催します。
  • 会員相互の交流、情報交換、関連情報の発信を行います

設立総会を開催しました

設立総会 平成28年6月23日、設立総会を開催しました。規約の承認、今年度事業計画及び収支予算が承認されました。また役員の互選を行いました。
 
 総会資料[PDF書類:1.1MB]