農業体験農園とは

 一般的に市民農園は「貸農地方式」と「体験農園(農園利用方式)」に分けられます。農業体験農園とは遊休農地や都市部の農地を活用し、地域住民とともに農作物の共同栽培や農業体験の場の提供など新しい農業経営です。都市部の農地は農業生産の場だけでなく、景観の保全や癒し空間の場、災害時の緊急避難場所などの機能があり、都市農業振興基本法でその農地保全や農業振興がうたわれ、農業体験農園はその基本法の趣旨に沿うもので社会貢献にもつながるものです。

 

農業体験農園の普及

 一般に市民農園は「貸農園方式」と「体験農園(農園利用方式)」に分けられます。
 入園者に農地の貸付を行わない体験農園(農園利用方式)を普及するため、「京都農業体験農園・園主会」が設立され、その主旨に基づき各種活動をしていくこととしています。