トップ農業経営を法人化する意義農業生産法人と一般法人 京都府農業法人経営者会議のご案内


株式会社 全笑(ゼンショウ)

住  所 本   社/〒622-0042 京都府南丹市園部町栄町二号23番地8
和歌山工場/〒643-0512 和歌山県有田郡有田川町宮川6-2
東京事務所/〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-6-2 第2秋山ビルディング6F
電  話 0771-62-2811(本社)  FAX 0771-62-2871(本社)
E -m a i l URL http://www.zensho-net.com/
代表者名 代表取締役 平野 仁智(ヒラノ ヒロトモ)
法人設立 2009年1月
資本金 1,000万円
経営内容 農産物を原料とした製品の製造、加工、販売、農産物、食品の輸出入、農業経営
主な商品 唐辛子を使用した薬味、健康補助食品、新鮮なお野菜


平野仁智 社長

私たちは全ての人が笑顔になる経営を
目指します

 農業生産法人である全笑は食品の生産・加工・販売を行っています。
 生産から販売までを一貫して行い、食品の安心・安全を実現します。
 生産者に近い私たちは、消費者である皆様に農家さんが農産物に込めた思いを伝える責任があります。

京都の伝統的な薬味に使える、辛い唐辛子をご提案します

全笑の自社農場

 全笑の農場では、現在、京新清水唐辛子、タカノツメ、胡麻を栽培しています。
 「京新清水唐辛子」とは全笑オリジナルの品種で、辛みと甘みを持っています。
 青いものは柚子胡椒、赤いものは乾燥させて七味や一味の原料として使うことができます。

全笑は、契約農家さんのご協力により成り立っています。

 全笑の生産物の多くは、地元の契約農家さんにご協力をいただいてできたものです。
 また、組合や行政にも協力していただき、地域全体で栽培に取り組むことで、活気ある地域を目指します。

和歌山県有田郡にある加工場で唐辛子・山椒・柚子の加工をしています。

 和歌山県の山間部に全笑の工場はあります。
 そこでは、収穫した唐辛子を塩漬けやペーストといった加工をしています。
 また、周辺は日本一のぶどう山椒の産地で、山椒の加工も行っています。



一覧に戻る