トップ農業経営を法人化する意義農業生産法人と一般法人 京都府農業法人経営者会議のご案内


農業生産法人 辻製茶 有限会社

住  所 〒619-1212 京都府相楽郡和束町釜塚玉井32番地
電  話 0774-78-4188      FAX 0774-78-4000
E -m a i l URL http://tsujiseicha.jimdo.com
代表者名 辻 幸博
法人設立 昭和27年3月
資本金 900万円
経営内容 茶栽培管理、製茶、受託製茶、精選加工、粉砕加工、袋詰加工、通信販売
(栽培から出荷まで一貫した生産体制)
主な商品 各種リーフ茶、抹茶、グリンティー、各種ティーバッグ、健康茶


辻 幸博 社長

創業者の経営理念である「品性資本」を
継承し、「三方良し」の茶業経営

 当社は、昭和27年に創業者である祖父の辻光治によってお茶の栽培から製茶、精選加工から出荷まで一貫した生産を行うために法人化された茶業界では日本初の有限会社(農業生産法人)です。
 農業生産法人とは農地の取得を認められた法人のことで、当社は乗用型摘採機の使える作業効率の良い平場茶園や品質重視の傾斜地茶園など自社茶園を所有しています。
 これまで当社は、煎茶などの揉み茶を中心に栽培、製造しておりましたが、それらに加え、1998年に抹茶の原料となる碾茶の製造工場を建設し、抹茶の製造販売も始めました。2012年には安心・安全でおいしいお茶をお客様にお届けできるよう、最新鋭の設備と機械を導入して新工場を建設しました。
 昨年から新たに就農した息子と共に茶業経営のさらなる発展にチャレンジしています。



お茶と健康にこだわった
『抹茶きな粉黒ゴマ入り』

 当社の会長(父)が海外旅行した際に、ツアーで同行したお医者様が「お茶は体に良い。大豆や胡麻も体に良い」とおっしゃり、お茶の効能などの話で大いに盛り上がったそうです。
 早速、帰宅してから作り始めたのが『抹茶きな粉 黒ゴマ入り』でした。そもそも健康に良い普茶料理の基礎(材料)は「お茶と大豆と胡麻」です。普茶料理とは江戸時代に中国から日本へもたらされ、殺生を禁じられた仏教者などがお茶と一緒に食べる精進料理です。
 自家製抹茶をふんだんに使った味も香りも良い健康茶の『抹茶きな粉 黒ゴマ入り』は、おかげさまで、長らくご愛飲頂いている方々から体調が良くなったなど大変ご好評を頂いております。
 個人差はあると思いますが、是非お試し頂きたいと思います。

一覧に戻る