トップ農業経営を法人化する意義農業生産法人と一般法人 京都府農業法人経営者会議のご案内


農業経営を法人化する意義

 農業経営を法人化すると、事業の組織的な継続性が確保できるため、個人事業や任意組織よりも、取引上の対外信用力が向上します(法人しか取引できない場合もあります)。
 複式簿記(企業会計原則)による正確な会計帳簿が必要なため、経営成績や財務状態を正しく把握し、経営を計画的に発展させる条件が整います。
 

法人化のメリットと義務・負担

  メリット 義務・負担




経営管理等 ①経営責任に対する自覚を持つことで、経営者としての意識改革を促進
②家計と経営が分離され、経営管理が徹底

①複式簿記(企業会計規則)での記帳義務(財務管理の複雑化)により多少労力が必要

②会計事務や税務申告を専門家に依頼すると経費負担が発生

③法人の設立には、資本金、設立登記費用等の経費が必要

対外信用力 ①計数管理の明確化や各種法定義務(設立登記、経営報告等)を伴うため、取引上の信用力が向上
②法入となることでイメージが向上し、商品取引や従業員の雇用等が円滑化
人材の確保・育成 ①法人の役員、社員等の中から有能な者を後継者として確保することが可能
②就農希望者が法入に就職することで、初期負担なく経営能力、農業技術の習得が可能


税制 ①所得の分配による事業主への課税軽減
②定率課税の法入税の適用
③役員報酬の給与所得化による節税(一部制限あり)
④使用入兼務役員賞与の損金算入
⑤退職給与等の損金算入
⑥欠損金の7年間繰越控除(青色申告法人に限る)
⑦農業経営基盤強化準備金の活用

①法人課税の適用が個入課税より有利となるためには一定以上の所得規模が必要

②法人の場合、利益がなくても最低限、都道府県民税(均等割)、市町村民税(均等割)の納税義務が発生

社会保障制度 ①社会保険、労働保険の適用による農業従事者の福利増進
②労働時間等の就業規則の整備、給与制の導入による就業条件の明確化

各種社会保険制度の導入により、事業主負担が発生

制度資金 ①融資限度額の拡大(認定農業者に限る)
②スーパーL資金の「円滑化貸付」による無担保・無保証貸付(認定農業者に限る)
 
農地の取得 農地保有合理化法入が農用地等を現物出資することにより農地取得の負担軽減(農業生産法人出資育成事業)