トップ農業経営を法人化する意義農業生産法人と一般法人 京都府農業法人経営者会議のご案内


一般法人による農業参入の事例

京都参入事例

 平成21年度に農地制度が改正され、農業生産法人以外の法人(一般の株式会社、社団法人、NPO法人など)が農地を借りられる仕組みができました。

 全国でも京都でも、地元の企業(食品会社、建設会社など)や社会福祉法人、NPO法人による農業参入の動きが広がっています。

 地域に根ざした一般法人の農業参入により、遊休農地の解消、新たな雇用の創出、農商工連携の促進など、農業と農村の活性化につながるケースが生まれています。

   農業参入した法人の事例(全国)

 

京都府内の参入事例 (PDF書類:各1.3MB)

冊子版「京都の農業法人」