都市と農村、府民協働で農地再生をめざす、京都モデルファーム運動が
はじまりました。京都府内の農地情報、活用方法を提供しサポートます。

企業の方へ:PDF160KB 0 農家の方へ:PDF576KB 0

 農地は、農作業の生産基盤であるとともに、生態系の保全や国土保全、水源のかん養機能、地球環境保全、良好な景観の形成など多面的で公益な機能を有しています。しかし、高齢化や担い手不足などによる耕作放棄地などの増加は、こうした機能低下につながります。

 京都モデルファーム運動は、地域の協農業者と協力しながら、企業やNPOなどの多様な団体が農業生産や農作業体験に取り組むことにより、農地としての保全・活用を図ることを目的としています。

 

 土地所有者・地域集落と活用団体との間で農地活用の適切な役割分担を定めた協定を締結します。
 この活用協定に京都府・市町村・農業会議が加わることにより、土地所有者・地域集落等が安心して農地を提供できるように、また、活用団体が継続的に、京都モデルファーム運動に取り組めるよう支援することを目的としています。