京都府農業会議と京都府農業総合支援センターの合併概要

<目 的>

 農業委員会の支援団体(農業会議)と、農業経営者の支援団体(支援センター)の合併によって、農業農村の課題に対応した検討の場や、 研修など自己研さんを行う会議所機能を確保しながら、「人と農地に対するワンストップ支援体制」を構築

<効 果>

 「多様な担い手が共存・協働する持続可能な農業農村づくり」を進めるため、
①集落営農の組織化 ②担い手への農地集積 ③経営の法人化 ④新規就農・就業促進 ⑤経営相談 ⑥農業ビジネス推進 ⑦農村機能強化 ⑧移住促進 等を総合的に支援
農業会議  一般社団法人京都府農業会議 農業総合支援センター
  • 農地利用最適化
  • 農地確保・再生
  • 組織・法人育成
  • 移住促進
  • 府と、すべての市町村、農業委員会会長JAグループ京都、関係農林団体が参画
  • 農業委員会ネットワーク機構+農地中間管理機構として知事指定
  • すべての事業・資産・負債・権利義務の継承、職員の継続雇用等
  • 農地集積
  • 新規就農
  • 農人材育成
  • 農業ビジネス