設立の背景

 京都府では、農家の平均年齢が68.3歳で、担い手がいない集落が全体の4割を占めています。
 一方、耕作放棄地は、2,850ha(H22農業センサス)あり、年々増加傾向にあります。
 このような中、農地を守り農業を振興するため、関係者が一丸となって対策を行うことが求められています。

 設立の目的

 農地中間管理事業(農地集積)の推進をはじめ、担い手の確保・育成、ものづくり、更には耕作放棄地対策、移住対策までを行政、関係団体が一体的・戦略的に推進することを目的に、平成27年4月1日に発足しました。

 構成団体

 当センターは、京都府農業会議公益社団法人京都府農業総合支援センター(農地中間管理機構)京都府経営支援担い手育成課で構成されています。

 執行体制など

出し手
  • 農地を貸したい
  • 経営を縮小せざるを得ない
  • 離農したい
  • 農地の掘起こし
  • 受け手の情報提供
農業会議
(農業委員会)
農地中間管理機構
(現地駐在員)
京都府
(経営支援・担い手育成課)

京都府農業農村創生センター
~農地中間管理事業を一体的に推進~
平成27年度目標 1,000haの農地集積

  • 受け手の公募(7月、12月)
  • 農地情報の提供
受け手
  • 新たに農地を借りたい
  • 集約、集積したい
  • 情報交換
  • マッチング支援
農業団体

JA・中央会・信連・全農・その他関係団体
連 携
市町村連絡調整会議

【構成団体】

市町村・農地集積コーディネーター・市町村農業公社・農業委員会・JA・府広域振興局等

【構成団体】

  • 農地と担い手のマッチング
  • 農用地利用配分計画を見据えた協議
  • 京力農場ブランの策定、見直し
  • その他関連する施策

連 携
市町村

 事務局

所在地 京都市上京区丁子風呂町104番地の2 京都府庁西別館3階 [3F位置図]

郵便番号602-8054
電話番号075-417-6868
ファックス番号075-417-6870
最寄り駅京都市営地下鉄 丸太町駅から徒歩10分
京都市営バス  府庁前バス停から徒歩5分

位置図
クリックで拡大